読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮崎ーーお金に色はない

長老制とは、キリスト教の教会における、三種類に大別できる教会政治制度の一。その他の二つとは監督制と会衆制。  

教会員の互選による信徒代議員「治会長老」と牧師・伝道師である「宣教長老」からなる長老会議が教会内の指導・運営にあたる制度。この各個教会内の長老会議を「小会」という。新約聖書時代の長老会議は小会に近い働きをしていたと見られている[1]。

その地域の複数教会の長老による地域長老会議を、中会という。この中会をこそ教会権能を担う中心的議決機関として重んじる、全体教会を認める教会理解が長老制の特徴といえる。

地域レベル(大会)での長老制 The Synod

国家レベル(総会)での長老制 The General Assembly

理解の為に世俗の政治制度と対比するなら、第2バチカン公会議以前のカトリックの聖職者位階制に代表される監督制は中央集権的官僚制、組合教会・バプテスト教会などの会衆制は直接制民主主義、改革教会の長老制は議会制民主主義に準える事ができる。

^ 『キリストの教会』岡田稔 小峯書店 p.164

カルヴァン主義
改革派教会
長老派教会
改革長老教会


執筆の途中です
この項目は、キリスト教に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:キリスト教/PJ:キリスト教)。

頭がおかしい。カーストとやってることがなにがちがうの?

届けたい 届けたい
届くはずのない声だとしても
あなたに届けたい
「ありがとう」「さよなら」
言葉では言い尽くせないけど
この胸に溢れてる

花の匂いに導かれて
淡い木漏れ日に手を伸ばしたら
その温もりに
あなたが手を繋いでいてくれているような気がした

信じたい 信じたい
人の心にあるあたたかな奇跡を信じたい
信じたい 信じたい
誰の命もまた誰かを輝かす為の光

“永遠のさよなら”をしても
あなたの呼吸が私には聞こえてる
別の姿で 同じ微笑で
あなたはきっとまた会いに来てくれる

どんな悲劇に埋もれた場所にでも
幸せの種は必ず植わってる
こぼれ落ちた涙が如雨露一杯になったら
その種に水を撒こう

人恋しさをメロディーにした
口笛を風が運んでいったら
遠いどこかで
あなたがその目を細めて聞いている

“本当のさよなら”をしても
温かい呼吸が私には聞こえてる
別の姿で 同じ愛眼差しで
あなたはきっとまた会いに来てくれる

真実を言いましょう。


お金に色はありません。

しかし、

やりがいうんぬんと収入とを、

最初から両立することは難しいものです。


残念ですが、

誰もができることではありません。

世界の99%ができていないことなんです。

お金に本気でこだわるあなたにとっては、

これ以上の方法はないと断言します。

▼最後にプレゼントです▼

f:id:any119some:20170315133047j:image