読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやいや。惑星いただきます。 遠くから見れば神秘的で美しいブラックホール。しかし近づく星たちは「潮汐分裂」という現象で飲み込まれ、粉々に破壊されてしまいます。これまでの数千の銀河の観測結果から、潮汐分裂は滅多に起こらない非常に珍しい現象だと考えられてきました。1つの銀河で1万年から10万年に1回発生するほどの低確率だと思われていたのです。 ところが、イギリスのシェフィールド大学の研究チームが15の銀河の潮汐分裂現象を詳しく調査したところ、考えられてきた確率よりも100倍多く星を吸い込んでいると結論づけ

ロボットも絵を描く時代に。

今年で2回目となるRobot Art competitionは、ロボットアームに絵筆を取り付けて絵画を描かせるコンテスト。ロボティクスで視覚的に美しいものの制作に挑戦することをゴールとしています。

惑星いただきます。

遠くから見れば神秘的で美しいブラックホール。しかし近づく星たちは「潮汐分裂」という現象で飲み込まれ、粉々に破壊されてしまいます。これまでの数千の銀河の観測結果から、潮汐分裂は滅多に起こらない非常に珍しい現象だと考えられてきました。1つの銀河で1万年から10万年に1回発生するほどの低確率だと思われていたのです。

ところが、イギリスのシェフィールド大学の研究チームが15の銀河の潮汐分裂現象を詳しく調査したところ、考えられてきた確率よりも100倍多く星を吸い込んでいると結論づけ、Nature Astronomyにて研究結果を発表しました。

EurekAlert!で共同研究者のJames Mullaney博士は「調査した15の銀河はいずれも他の銀河と衝突しつつある状態だったのですが、驚いたことに潮汐分裂が起こる確率が著しく上昇していたのです。銀河が衝突する際に、2つの銀河の超巨大ブラックホールに多くの星が接近するためだと考えられます」と語りました。