読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mechanical pencilまたはpropelling pencilについて

シャープペンシルの芯の太さにはどのようなバリエーションがあるのか、ふと興味を持った。

私自身はこれまで0.9mmの太さのシャープペンシルを愛用してきたのだが、最近になって1.3mmのシャープペンシルというものが存在することを知り、メモ書きに使い始めた。これはこれでなかなか良いものである。最近は極細の0.2mmも学生に人気のようだ。

かつては製図用としても一定の需要があったシャープペンシル(ちなみに米国ではメカニカルペンシル mechanical pencil、英国ではプロペリングペンシル propelling pencil と言うらしい)だが、すでに私が子供のころから製図はCADでやるものになっていたので、そういう需要はほぼ消えたと思しい。今のメインターゲットは一般筆記、それも中高生向けですかねえ。しかし鉛筆と違っていちいち削る必要がなく、ボールペンと違って芯を出しっぱなしにしておいても(当たり前だが)乾かずにすぐ書けるというシャープペンシルの特性は、メモ取り用として机の上に転がしておくには最適なのだ。

「お仕事何されてるんですか?」

「サンタです。」

「過労死なさいませんか?」

「いえ。サンタに夢中で気付きませんでした。」

「体2割る医ですよ。」

「割り切ってますんで大丈夫です。」

「このプロペラども。」

「55素ですよ。」