読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東久留米

それ以前の久留米、「くるめ」と読み書く地名となった由来や説はいくつかあるが、具体的根拠を一定以上のレベルで証明出来る有力説はなく、今なお研究議論、事実解明作業が続けられている。地名由来と思われる話や、考えられている[誰によって?]・あるいは言い伝えられている[誰によって?]説として、いくつか列挙する。

古代の車持部の住地からきた(群馬県の由来・「ぐんま」という地名は、車持部の居住地から来たとする説がある)[要出典]
くるみの方言から起こった[要出典]
小さな平地という意味がある[要出典]
市内を流れる黒目川の「クロメ」が転じて「クルメ」という地名になった[要出典]
元々は、黒目川は「クルメ」とも呼ばれており、後年の人々が当て字として久留米・久留目・来梅・黒目などの漢字表記を用いたのが広まり、「久留米」の名が認知された[要出典]