読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kickstarter

Kickstarterとは2009年に設立されたアメリカ合衆国の民間営利企業で、自社のウェブサイトにおいてクリエイティブなプロジェクトに向けてクラウドファンディングによる資金調達を行う手段を提供している[1]。

自主製作の映画、音楽、ジャーナリズムに向けての舞台芸術や漫画、コンピュータゲーム、食関連[2]といった多種多様な試み[3]に対して資金調達を行なっている。寄付と同様の扱いであり、投資者に資金を返済する義務はない。人々は金を稼ぐためにKickstarterのプロジェクトに投資することは出来ず、感謝のパーソナルノート、カスタムTシャツ、プロジェクト関係者との会食といった形のある賞品やこの場でしか味わえない経験、もしくは新商品のお試しと引き換えにプロジェクトのバックアップのみを行える[4]。

2014年5月、日本では「クラウドファンディング法案」が成立。未上場企業による資金調達にまつわる、トラブル防止のためのガイドラインが整備されていくことで、日本国内のクラウドファンディングサービスの活用が、より活発化していきそうだがーー。ニッチなニーズを叶える面白い発明やプロジェクトを直接支持できるクラウドファウンディング。まだまだ可能性を秘めた仕組みだけに、このような詐欺にも近い事例が起きないように整備して欲しいものだ。

ピンサー型配位子

東京大学(東大)と九州大学(九大)は4月4日、窒素をアンモニアへと変換する窒素固定反応に適した配位子を持つモリブデン窒素錯体を分子設計し、合成に成功したと発表した。同錯体は、常温・常圧での触媒的アンモニア合成において、世界最高の触媒活性を示したという。

窒素ガスは非常に反応性が乏しく、直接窒素源として利用することができない。したがって、窒素ガスを利用が容易であるアンモニアへと変換する反応は非常に重要となる。 現在、アンモニアは大量のエネルギーを必要とするハーバー・ボッシュ法により工業的に合成されている。

一方で、自然界ではニトロゲナーゼと呼ばれる酵素が常温・常圧という温和な条件で窒素ガスをアンモニアへと変換していることが知られている。ニトロゲナーゼの活性中心は鉄およびモリブデンを含むことが明らかになっており、これをモデルとした窒素錯体を用い、温和な条件での窒素ガスの変換反応が研究されてきた。

同研究グループはこれまでに、PNP(リン-窒素-リン)型ピンサー配位子を持つモリブデン窒素錯体を触媒に用いて、常温・常圧で窒素ガスからアンモニアを合成する反応を開発していた。しかし、この反応では反応中に触媒が分解して反応が停止しやすいため、触媒活性が低いことが課題となっていた。

今回、同研究グループは、従来の触媒で用いていたPNP型ピンサー配位子よりも金属原子と強く結合し、かつ触媒反応条件下で触媒が分解しにくくなることを期待して、PCP(リン-炭素-リン)型ピンサー配位子を新しく設計し、これを持つモリブデン窒素錯体の合成に成功した。

これを触媒として用いて、常圧の窒素ガスを還元剤およびプロトン源と室温で反応させることで、触媒的にアンモニアが生成することが確認されている。同触媒は20時間の反応終了後にも触媒活性を示したという。

さらに、アンモニア合成速度も大幅に向上。同触媒1分子は窒素ガスから最高で230分子のアンモニアを合成することができる。従来のPNP型ピンサー配位子を持つモリブデン窒素錯体で生成されるアンモニアは23分子だったことから、触媒活性が10倍に向上したといえる。

同研究グループは今回の成果について、現行のハーバー・ボッシュ法を将来代替する触媒開発に向けて、重要な指針となることが期待されると説明している。

 独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)触媒化学融合研究センター【研究センター長 佐藤 一彦】官能基変換チーム 富永 健一 研究チーム長らは、逆水性ガスシフト反応(二酸化炭素を水素化し化学原料として有用な一酸化炭素に変換する反応)の触媒活性を持つニッケル錯体触媒を開発した。
 従来、この反応の触媒にはルテニウムなどの貴金属が必須だったが、分子内に3つの結合箇所を持つピンサー型配位子を用いて、非貴金属であるニッケルでも反応を進行させることに成功した。一酸化炭素二酸化炭素に比べて反応性が高く、多種多様な化学品の原料として用いられているが、高い毒性を持っている。既に、産総研では、ルテニウム錯体を用いて二酸化炭素一酸化炭素に変換し、その場で次の反応に用いることで、従来一酸化炭素を用いて合成していたプロセスを二酸化炭素で代替する技術を開発しているが、触媒コストの高さが普及を阻んでいた。今回開発した触媒により、プロセスを低コスト化できるため、機能性アルコールなどの各種機能性化学品の合成プロセスへの応用と普及が期待される。

 現代社会は高度な機能を持つ化学品群によって支えられているが、近年の化学産業では、グリーン・サステナブル・ケミストリー(Green & Sustainable Chemistry, GSC)の理念に基づき、環境との共生を意識したものづくりが進展している。その一方で、反応性やコスト面での問題により、代替が進まないケースも少なくない。

 一酸化炭素はその一例で、毒性ガスであるにもかかわらず、反応性が高く安価なため各種化学品の原料として用いられている。しかし、その毒性のため、自社で一酸化炭素利用プロセスを保有できる企業は限られている。

 産総研は、GSCの推進に貢献する技術開発とその体系化に取り組んでいる。二酸化炭素利用反応の開発はその一分野である。金属錯体を触媒として二酸化炭素を水素化すると、ギ酸やその誘導体が生成することはよく知られているが、ギ酸の代わりに一酸化炭素を合成する反応は、反応機構の観点から難しいとされてきた。それに対し、産総研では、ルテニウム錯体が二酸化炭素と水素から一酸化炭素を生成する反応(逆水性ガスシフト反応)の触媒となることを発見し、その応用として各種の一酸化炭素利用反応を二酸化炭素で代替する反応の開発にも取り組んできた。その一連の技術は産総研オリジナルの技術であり、国内外から注目されている。

 従来、ニッケル錯体を用いた二酸化炭素の水素化で得られる生成物はギ酸とその誘導体に限られていた。固体触媒では、非貴金属である銅や鉄などが逆水性ガスシフト反応の触媒となるが、200~300 ℃程度の高温が必要である。一方、錯体触媒で逆水性ガスシフト反応に触媒活性を持つものは、ルテニウムなどの貴金属の錯体に限られていた。
 今回の技術は、図1に示すような分子内に二つのリン原子と一つの窒素原子を持つピンサー型配位子を用いたニッケル錯体を触媒として逆水性ガスシフト反応を行うものである。一般的に錯体触媒は固体触媒よりも温和な条件で触媒作用を示すが、図1のニッケル錯体触媒も140~160 ℃程度の反応温度で逆水性ガスシフト反応を進行させることができる。
 耐圧容器中でエチレングリコールに図1のニッケル錯体を溶解させ、二酸化炭素(2 MPa)と水素(6 MPa)を圧入し、160 ℃で5時間反応を行なったところ、ニッケル錯体一分子に対して22.1倍量の一酸化炭素が反応ガス中に生成していた。反応溶液中にはギ酸化合物の生成が認められないことから、ニッケル錯体触媒により二酸化炭素が直接一酸化炭素に変換されたと考えられる。

 ニッケル錯体の配位子の構造は、触媒活性の重要なファクターで、配位子中の窒素の部分を炭素に置き換えると一酸化炭素は全く生成せず、二酸化炭素のみが回収される。また、配位子中のフェニル基をブチル基に置き換えても、一酸化炭素は全く生成しない。
 今回開発した技術により、貴金属を用いずに温和な条件で二酸化炭素一酸化炭素に変換できるようになった。ニッケルはルテニウムに比べてグラム単価が100分の1以下であるため、二酸化炭素から一酸化炭素への変換コストを大幅に低減できると期待される。

 今後、今回開発した触媒の反応機構を詳細に検討し、配位子のチューニングによるさらなる触媒性能の向上を図るとともに、新たな触媒機能の発現を目指す(図2)。特に、現行の石油化学プロセスの中でも基幹プロセスの一つとなっているヒドロホルミル化反応への応用を目指した研究開発に着手する予定である。本反応を応用し、二酸化炭素一酸化炭素と同等に利用することは、循環型資源の高度な利用法の一つとして期待される。

一酸化炭素
化学式では「CO」と表される。化学的な反応性が高く、ガソリン成分となる炭化水素メタノールをはじめとするアルコール類、カルボン酸やエステル化合物などの原料として、現在でも大量に利用されている。その一方で、人体に対する毒性も高いため、大気汚染物質の一つとして環境基準が定められている。[参照元へ戻る]
◆錯体触媒
「触媒」とは「化学反応を促進させるが、自らは変化しない物質」と定義される。また、「錯体」とは「金属原子あるいは金属イオンと他の原子、イオン、あるいは小分子との複合体」のことをいう。触媒には固体状で用いられるものと、溶液に溶解させて用いるものとがあるが、錯体触媒は後者の型の触媒であり、精密な制御を必要とする機能性化学品の合成に用いられることが多い。[参照元へ戻る]
◆ピンサー型配位子
錯体の金属原子あるいは金属イオンを取り巻く他の原子、イオン、あるいは小分子のことを「配位子」という。ピンサーには「やっとこ」あるいは「カニやエビのはさみ」の意味があり、中心金属を挟み込むように配位する配位子のことをピンサー型配位子と呼ぶ。[参照元へ戻る]
◆グリーン・サステナブル・ケミストリー
「持続可能社会を目指す環境共生化学」、より詳しくは「エネルギー・資源制約を克服して環境との共生を図り、安全・安心で持続可能な社会の構築を目指す化学」と定義づけられる。20 世紀末ごろから米国、欧州、日本の三極で「地球に優しい化学」を進める動きが活発化した結果、日本で生まれた理念である。[参照元へ戻る]
◆ヒドロホルミル化反応
二重結合を持つ炭化水素一酸化炭素、水素からアルデヒドやアルコールを合成する反応で、世界で年間1000万トン以上もの化学品合成に使用されている基幹プロセスの一つ。[参照元へ戻る]

水素化(すいそか、英: hydrogenation)とは、水素ガスを還元剤として化合物に対して水素原子を付加する還元反応のことである。水素添加反応(すいそてんかはんのう)、略して水添(すいてん)と呼ばれることもある。この反応は触媒を必要とするため、接触水素化(せっしょくすいそか、catalytic hydrogenation)とも呼ばれる。文脈によっては水素化反応を使用した実験手法・技術のことを指す場合もある。

より広義には還元剤が何であるかを問わず、化合物に水素原子を付加する還元反応全般のことを指す場合もある。

熱媒体(ねつばいたい、heating medium)とは装置を加熱あるいは冷却して目的の温度に制御する為に、外部熱源と装置との間での熱を移動させる為に使用される流体の総称である。熱媒と呼ばれることもある。

熱媒体には種々の物質が利用されるが、

使用できる圧力が適当である
単位体積あたりの熱容量あるいは潜熱が大きく、伝熱係数が大きい
装置を腐食しない
不燃性・安価・無毒など環境あるいは経済性の面で負担が少ない
などの特徴から利用目的に合わせて選択される。

加熱媒体を容器に入れ、加熱対象物かその容器を熱媒体に浸ける形式の熱装置は熱媒体種別により「~浴」という呼称が与えられているが、加熱媒体を管路で加熱装置内に引き込んで加熱する装置は、熱媒体を区分することなくボイラーや熱交換器、加熱装置、冷却装置と総称される。

精能のいいカメラを作ることは医者と言えないだろうか

精能のいいカメラを作ることは医者と言えないだろうか

香澄

そんなことを思いながらブロードキャスト

愛 愛 愛なんだけどさ欲しいのは

精能のいいカメラを作ることは医者と言えないだろうか

香澄

そんなことを思いながらブロードキャスト

いつもいるあなたが

そこにいる

それだけでうれしかった

数学と心

つなぐかけ橋

探して

君に伝わるような

わかりやすい

誰にでもわかるような

素数の意味

f:id:any119some:20170415000023j:image

Je me sens bien quand tout va mal

本来、シャンソン (chanson) は、フランス語で歌の意味である。したがって、少なくとも現代のフランス語圏においては、シャンソンは歌全般を意味し、特定ジャンルの楽曲を指すものではない。他言語圏ではフランス語で歌われる曲という意味で使われることが多く、この場合も何らかの音楽的特徴を持つものではなく、中世の「武勲詩」や「きらきら星」、「ラ・マルセイエーズ」なども広義のシャンソンである。そのため、歌謡曲としてシャンソンは「モダンシャンソン」、「パリジャン・シャンソン」などと呼ばれるほかシャンソン・ド・ボア(動きのないシャンソン)、シャンソン・ド・シャルム(魅惑的なシャンソン)、シャソン・ド・レアリスト(リアリスティックなシャンソン)、シャソン・ド・サンチマンタル(センチメンタルなシャンソン)、シャソン・ド・ファンタジスト(動きのあるシャンソン)といった風に、「シャンソン」という語に何らかの形容詞を付け分類する。なおイタリア音楽のカンツォーネ (Canzone) とは元々の語源は同じである。

中世からルネサンスにかけてのヨーロッパでは、「シャンソン」と呼ばれる歌曲が数多く作られたが、これも単にフランス語で歌われるポリフォニーの(初期にはモノフォニーのものもあった)世俗的声楽曲を総称する名称であり、特定の形式、様式をさすものではない。

日本においては、1960年代までに流行したフランスの歌謡曲全般をシャンソンと呼ぶ場合が多く、これらを日本語訳でカバーしたものもシャンソンに分類される。アメリカン・ポップスやロックの影響を受けたミッシェル・ポルナレフなどはシャンソンより新しいイメージのフレンチ・ポップスとして紹介されることが多かった。フランス語で歌われていても、例えばヒップホップなどのアメリカン・スタイルも通常シャンソンとは見なされない。

また、「ラストダンスは私に」のように、元々英語詞だったものが、フランス語の訳詞で大ヒットしたためシャンソンに分類されるようになった曲もある。

近年、日本の楽曲にフランス語詞がつけられSACEM(日本のJASRACに相当する音楽著作権管理団体)に登録されて、シャンソンとなるケースも出て来ている。菅原洋一(日本語詞)、グラシェラ・スサーナ(スペイン語詞)等が歌った「ラスト・リサイタル」が「ARIGATO SAYONARA」となった例と、日本人が作曲したものに、フランスで詞がつけられ、逆輸入の形で外国曲として日本語訳詞がつけられた「モネの庭」の例が代表的である。特に後者は、モネ財団が“モネの絵”の公式イメージソングとして選定し、仏日英3言語で歌われている。

一方「群衆」のように、アルゼンチンの楽曲にフランス語詞がついてヒットしたものが、日本ではペルーの曲と紹介されたり、「百万本のバラ」や「アドロ」をフランスのシャンソンとして誤った記載がなされることも少なくない。

かつては、レコード会社のレーベルの関係で、フランスのビッグ・アーティストでも、日本に紹介されないケースが多かった。

現在は、状況が好転し、新しいフランスの楽曲や、新人歌手が次々と紹介されるようになっている。日仏シャンソン協会日本支局が<シャンソンルネッサンス>と名付けられたこの新しいシャンソン紹介・普及活動を推進している。

シャンソンの生演奏を楽しめるカフェをシャンソニエと呼ぶ。シャンソニエではカンツォーネや、平岡精二らが作曲した和製シャンソンと呼ばれる歌謡曲も演奏されることがある。

Wikipédia ne possède pas d'article avec ce nom.
Cherchez HIROSHIMA sur un des projets-frères de Wikipédia :

Wiktionnaire (dictionnaire)
Wikibooks (livres pédagogiques)
Wikiquote (citations)
Wikisource (bibliothèque universelle)
Wikinews (actualités libres)
Wikiversity (communauté pédagogique)
Commons (images et médias)
Wikivoyage (guides de voyage)
Wikidata (base de données)
Soit vous avez mal écrit le titre :

Recherchez « HIROSHIMA » dans les autres articles (aide).
Consultez la liste des articles dont le titre commence ainsi.
Cherchez d'autres pages de Wikipédia pointant vers ce titre.
Soit l'article n'existe pas encore :

Créez l'article : en wikicode ou avec l'éditeur visuel (aide), ou demandez sa création.
Recherchez cet article dans d’autres langues, grâce à l’outil Global Wikipedia Article Search (en anglais).

早口言葉
カンツォーネ
fr:Catégorie:Chanson française(フランス語版の「フランスの歌」カテゴリ)
フレンチポップス
淡谷のり子
石井好子
越路吹雪
岸洋子
戸川昌子
加藤登紀子
美輪明宏
美川憲一
芦野宏
高英男
永田文夫
12月29日(シャンソンの日
深緑夏代
シャンソン協会

日本シャンソン協会
日仏シャンソン協会
シャンソンウェブリング
フレンチ・ポップス・ネット (フレンチポップス100年史)
日本シャンソン館(群馬県渋川市
渋谷・青い部屋
シャンソンの祭典「パリ祭」

1  Tu déconnes on va pas se faire
2  Encore un plan gros ça comme
3  De quel plan tu causes
4  Tu oses, c’est toi qu’a commencé
5  J’abandonne
6  T’es vraiment trop conne
7  À pas grand chose tu déconnes
8  Ben Tu vois, lui, me trouve super belle

9  À cause des garçons
10  On met des bas nylon
11  On se crêpe le chignon
12  À cause des garçons
13  Et du qu’en dira-t-on
14  On pleure sur tous les tons
15  À cause des garçons
16  On s’allume pour de bon
17  À cause des garçons

18  Carabine c’est le mot qui m’ vient
19  Quand je pense à mes copines
20  Et moi j’ai ma dose
21  Sans dec’ de tes doses
22  De ginette
23  J’hallucine
24  Faut qu’on te vaccine
25  Tout ça pour un mec de à la con
26  Tu déprimes, j’te le laisse
27  C’est ton style.

28  À cause des garçons
29  On met des bas nylon
30  On se crêpe le chignon
31  À cause des garçons
32  Et du qu’en dira-t-on
33  On pleure sur tous les tons
34  À cause des garçons
35  On s’allume pour de bon
36  À cause des garçons

37  Ce n’ai pas le faute des ma-
38  Des magazines
39  Les marie Les claire
40  Les marie-claire
41  Les Fig, les Mag, beaucoup trop claires
42  Les Femmes d’aujourd’hui et d’hier
43  C’est la faute des ma-
44  Des magazines
45  Les Maries, Les Frances
46  Les Marie-France
47  Les femmes pratiques qui en ont pas marre
48  Des cosmo vogues et tout l’ bazar

49  À cause des garçons
50  On se presse le citron
51  On fond comme des glaçons
52  À cause des garçons
53  J’ mens tu mens nous mentons
54  On glisse comme des savons

55  À cause des garçons
56  On se brouille pour de bon
57  À cause des garçons

58  À cause des garçons

1  Sans en attendre rien
2  Mais pour le plaisir
3  Regarder une fille dans la rue et se dire
4  Qu’elle est belle
5  Sans même aller plus loin
6  Mais pour le plaisir
7  En passant simplement lui sourire

8  Pour le plaisir
9  Il faut savoir prendre le temps
10  De refaire d’un homme un enfant
11  Et s’éblouir

12  Pour le plaisir
13  S’offrir ce qui n’a pas de prix
14  Un peu de rêve à notre vie
15  Et faire plaisir
16  Pour le plaisir

17  Ne plus courber le dos
18  Même pour réussir
19  Préférer être bien dans sa peau que sourire
20  Sur commande
21  Avoir pendant des mois
22  Trimé comme un fou
23  Et un soir tout claquer d’un seul coup…

24  Pour le plaisir ne plus courir, ne plus compter
25  Prendre la vie du bon cote
26  Pour le plaisir

27  Pour le plaisir
28  On peut aussi tout foutre en l’air
29  Faire souffrir comme on a souffert
30  Et revenir

31  Pour le plaisir
32  Oublier qu’on a dit un jour
33  Ça sert à rien les mots d’amour
34  Et te les dire
35  Pour le plaisir

1  Tu me guitare, écorché vif
2  Face au hasard et sans motif
3  Tu me trimbales inoffensif
4  Comme un animal admiratif

5  Tu me cymbale, tes mains des griffes
6  Mon cœur s’emballe, mon cœur me gifle
7  Tu me «rasoir» comme sur le fil
8  J’aime avoir mal. Définitif

9  Je me sens bien quand tout va mal
10  Les fleurs du mal me font du bien
11  Ce sentiment n’est pas banal
12  Je me sens bien quand tout va mal

13  Tu me piano indifférente
14  Mes idéaux chers à ta lente
15  Tu les déchires, grands coups à vif
16  Tous tes désirs sont primitifs

17  Je me sens bien quand tout va mal
18  Les fleurs du mal me font du bien
19  Ce sentiment n’est pas banal
20  Je me sens bien quand tout va mal

21  Je me sens bien quand tout va mal
22  Les fleurs du mal me font du bien
23  Ce sentiment n’est pas banal
24  Je me sens bien quand tout va mal

25  Tu me percutes, tu adhésif
26  Je répercute mais c’est nocif
27  Les uppercuts, c’est agressif
28  J’aime avoir mal. Définitif

29  Je me sens bien quand tout va mal
30  Les fleurs du mal me font du bien
31  Ce sentiment n’est pas banal
32  Je me sens bien quand tout va mal

33  Je me sens bien quand tout va mal
34  Les fleurs du mal me font du bien
35  Ce sentiment n’est pas banal
36  Je me sens bien quand tout va mal

光触媒塗料

光触媒は日本が開発した夢の新技術です
塗料の中で最も使用量が多いのは白色ですが、その白の原料である酸化チタンが光(紫外線)にあたると活性酸素を生成します。この活性酸素は強力な酸化力で有機化合物を分解し水と炭酸ガスに変えます。これを光触媒効果と言い、原理は1967年、藤島昭教授(現、東京大学教授)によって発見されました。その後、光が当たると酸化チタン表面が水となじみが良い超親水状態(水玉にならない)になる事が見つかりました。
この2つのメカニズムを塗料に取り入れたのが光触媒塗料です。
外壁にこの光触媒塗料を塗装した場合、紫外線によって塗膜表面に付着する汚れ(有機化合物)を分解し、親水化された塗膜は雨が降ることによって、その汚れの下に水が入り込み汚れを洗い流すことができるのです。
タイル製品の専門メーカーTOTOが世界で初めて開発に成功した「ハイドロテクト技術」によって「光触媒塗料」が開発されました。太陽の光(紫外線)によって親水性が生み出され、汚れが付きにくく、付いた汚れも雨で流されます。「太陽が洗い、雨が流す」自然の力だけで綺麗になる塗料ができました。
光触媒塗料の特徴
・防汚(光によるセルフクリーニング作用)
・防カビ防藻(効果が持続)
・大気浄化
・超耐候性(20年/ECO-EX)
光触媒塗料~ハイドロテクトカラーコート
タイル製品の専門メーカー「TOTO」が開発しました
TOTOが世界で初めて開発に成功した「水をはじかず、物質の表面に水がなじむ状態」を形成する新技術。この技術と光触媒の有機分解技術とを総称して「ハイドロテクト」と呼んでいます。光触媒による親水性技術は日本が世界に誇る基本特許なのです。
特許に関してTOTOのホームページ内でも紹介されていますので、下記もご覧下さい。
TOTOの光触媒技術・特許関連について、こちらもご覧ください≫
光触媒効果
防汚
光触媒の分解力と親水性作用により、雨の力で汚れを洗い流します。
●有機物分解のメカニズム
紫外線によりO2-(スーパーオキサイドイオン)OH(水酸ラジカル)という活性酸素を発生させます。活性酸素が表面に付着した有機物汚れやカビ細菌を分解します。
●超親水性のメカニズム
水となじみの非常に良い親水基(-OH)で
おおわれます。
その結果、降雨によるセルフクリーニング効果が
発生します。
親水表面では水滴と物質表面の角度(接触角)が非常に小さくなるため水は一様の膜状に広がります。
●汚れ度合いと水の接触角との関係
接触角が小さいほど親水性が高いことになります。
接触角が小さければ水は濡れ広がり、セルフクリーニング効果を発揮します。また、大きければ水滴となり
汚れの原因となります。
●他の塗料とのちがい
一般的な塗料は接触角が大きく、最近よく市場に出ている「低汚染形」の塗料でもハイドロテクトの接触角と比較するとかなり違うことが分かります。
また、一般的塗料には汚れ分解能力はありません。
防カビ・防藻
防カビ剤や防藻剤を使わずに光触媒の働きによってカビや藻の繁殖を防止します。

▲一般的な「防カビ・防藻・低汚染」形の塗料と比べて
一般的な塗料は防藻剤を「添加」しているので経年で効力が失われていきます。
光触媒塗料は効力が持続します。
大気浄化
自動車の排気ガスに含まれるNOxなどの有害物質を分解除去する作用があります。
空気もキレイにしていきます
ポプラ1本あたりのNOx浄化力を
0.57g/日として試算すると
ECO-EXではポプラ95本分になります。
■光が当たらないと働きません
光触媒ハイドロテクトは日光(紫外線)に反応します。日陰部分、たとえばビルとビルの隙間など隣接する建物の距離が1m以下ですと効果が出難いです。
●雨水が当たりにくい壁は分解効果しか期待できません。
●無機質系の汚れは分解することができません。サビ汁やエフロ、土砂などの汚れ等。
●分解能力を超える多量の汚れには追従できません。
・樹液や鳥の糞による汚れ。
・カビや藻が過度に繁殖しやすい場所。
土留めなど塗装面の内部から染み出してくる汚れには効果を十分に発揮できません。
■弊社にも試験塗装してみました
弊社の調色工場の壁ですが
排気ダクトの周囲が雨スジ汚れで
掃除してもなかなか落ちませんし
すぐにまた汚れてしまいます。
ここに光触媒塗料の効果を
実証するため3つの塗料で
塗り分けてみます。
1.A社製
  /水性シリコン樹脂系
   「低汚染形塗料」
2.TOTOハイドロテクトカラーコート
  ECO-700/「光触媒塗料」
3.B社製
  /水性シリコン樹脂系
   「超低汚染形塗料」
この壁の3年後、5年後、7年後は
どうなってるでしょう…
▲平成15年3月28日施工
■経過実証
●経過3年後の状態はこちらです≫

ヒドロキシルラジカル (hydroxyl radical) はヒドロキシ基(水酸基)に対応するラジカルである。•OH と表される。いわゆる活性酸素と呼ばれる分子種のなかでは最も反応性が高く、最も酸化力が強い。糖質やタンパク質や脂質などあらゆる物質と反応する。しかし、その反応性の高さゆえ通常の環境下では長時間存在することはできず、生成後速やかに消滅する。

過酸化水素への紫外線の照射や、酸性条件で過酸化水素と二価の鉄化合物を触媒的に反応させる方法(フェントン反応)によって生成される。

人体からヒドロキシルラジカルを除去する物質にはベータカロチンビタミンE、尿酸、リノール酸システイン、フラボノイド、グルタチオンなど抗酸化物質がある。

OHラジカルは、パナソニックダイキン、シャープなど数社が各種空気清浄機などにおいて有害物質除去に働いていると主張している。[1][2][3]

ラジカル (radical) は、不対電子をもつ原子や分子、あるいはイオンのことを指す[1]。フリーラジカルまたは遊離基(ゆうりき)とも呼ばれる。[2]

また最近の傾向としては、C2, C3, CH2 など、不対電子を持たないがいわゆる オクテット則を満たさず、活性で短寿命の中間化学種一般の総称として「ラジカル(フリーラジカル)」と使う場合もある。[3][4]

通常、原子や分子の軌道電子は2つずつ対になって存在し、安定な物質やイオンを形成する。ここに熱や光などの形でエネルギーが加えられると、電子が励起されて移動したり、あるいは化学結合が二者に均一に解裂(ホモリティック解裂)することによって不対電子ができ、ラジカルが発生する。

ラジカルは通常、反応性が高いために、生成するとすぐに他の原子や分子との間で酸化還元反応を起こし安定な分子やイオンとなる。ただし、1,1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジル (DPPH) など、特殊な構造を持つ分子は安定なラジカルを形成することが知られている。

多くのラジカルは電子対を作らない電子を持つため、磁性など電子スピンに由来する特有の性質を示す。このため、ラジカルは電子スピン共鳴による分析が可能である。さらに、結晶制御により分子間でスピンをうまく整列させ、極低温であるが強磁性が報告されたラジカルも存在する。1991年、木下らにより報告されたp-Nitrophenyl nitronylnitroxide (NPNN)が、最初の有機強磁性体の例である(Tc=0.6K)。

ラジカルに1電子を奪われた分子が他の分子から電子を引き抜くと、その分子がさらにラジカルを形成するため、反応は連鎖的に進行する。反応はラジカル同士が反応して共有結合を生成するまで続く。このような反応をラジカル反応またはラジカル連鎖反応という。燃焼は最も良く知られたラジカル反応の1つであり、ハロゲン分子が炭化水素と反応しハロゲン化アルキルを生じるのもラジカル反応である。高分子合成においても過酸化ベンゾイル (BPO) やアゾビスイソブチロニトリル (AIBN) を開始剤とするラジカル重合が行われる。オゾンホールの原因となっているのは塩素原子のラジカルである。

塩素分子が光 (hν) または熱(⊿)でラジカル解裂することで塩素ラジカルが発生する(式1)。
塩素ラジカルはメタンの水素から1電子を引き抜き塩化水素になり、メタンはメチルラジカルとなる。メチルラジカルは sp2 型の配座をとりラジカルはp軌道上に存在する(式2)。
メチルラジカルは塩素分子1電子を引き抜きクロロメタンになり、再び塩素ラジカルが再生する(式3)。
塩素ラジカル同士で1電子授受するとラジカルは消滅し、塩素分子となる(式4)。
メチルラジカル同士で1電子授受するとラジカルは消滅し、エタンとなる(式5)。

酸素による空気酸化あるいは過酸化物などのラジカル開始剤が存在する場合、ラジカルが HBr から水素を引き抜き臭素ラジカルが発生する(式1)。
臭素ラジカルが炭素二重結合に付加する場合、生成する炭素ラジカルが安定な中間体が生成する。このラジカル付加の配向は、カルボカチオン中間体を経由する際のマルコフニコフ則と逆になる。その理由は炭素ラジカル近傍に置換基が多いほうがσ軌道の超共役による安定化の寄与が大になるためである(式2)。
炭素ラジカルが HBr から水素を引き抜き臭素ラジカルが再生する(式3)。
副生成物としてはラジカル終端反応によりオレフィンの2量体などが発生する(式4、5)。

アルケン(ドイツ語: Alken、英語: alkene)は化学式 CnH2n (n≧2) で表される有機化合物で、C-C間の二重結合を1つ持つ。すなわち、不飽和炭化水素の一種。エチレン系炭化水素、オレフィン (olefin)、オレフィン系炭化水素とも呼ばれる。C-C二重結合を構成している2つπ結合1つとσ結合1つから成り立っており、このうちπ結合の結合エネルギーはC-H結合のものよりも小さく、付加反応が起こりやすい。例えばエテン(エチレン)と塩素の混合物に熱を与えると 1,2-ジクロロエタンが生成する。

 

縦弾性係数

ヤング率(ヤングりつ、英語: Young's modulus)は、フックの法則が成立する弾性範囲における、同軸方向のひずみと応力の比例定数である[1]。この名称はトマス・ヤングに由来する。縦弾性係数(たてだんせいけいすう、英語: modulus of longitudinal elasticity[1])とも呼ばれる。

ヤング率は、線形弾性体ではフックの法則

ε
=
σ
E
{\displaystyle \varepsilon ={\frac {\sigma }{E}}}
ε:ひずみ,σ:応力,E:ヤング率
より、

E
=
σ
ε
E={\frac {\sigma }{\varepsilon }}
である。

一般の材料では、一方向の引張りまたは圧縮応力の方向に対するひずみ量の関係から求める。ヤング率は、縦軸に応力、横軸にひずみをとった応力-ひずみ曲線の直線部の傾きに相当する。

たとえば、ヤング率が約10tf/mm2(=98GPa)である銅では、断面積1mm2、長さ1mのワイヤに10kgのオモリをぶら下げると、0.1%のひずみが生じ、約1mm伸びることになる。

ヤング率は結晶の原子間距離の変化に対する抵抗と考えることができ、原子間の凝集力が弾性的性質を決める。したがって応力と変形の機構が同じ種類の材質間では、融点と弾性係数の間にはある程度の相関がある[要出典]。応力がある大きさ(比例限度)を超えると、結晶の不完全な部分が不可逆的に動くことによって変形することになるので、応力とひずみの関係はリニア(線形)ではなくなり、応力を取り除いても元の寸法に戻らなくなる。この現象を降伏という。

金属のヤング率は数十〜数百GPaである。この値は100%の弾性ひずみを生じる応力の値であるが、実際の材料は1%以下のひずみで降伏するものが多いので、ヤング率は通常引張強さの数百倍の大きさである。

弾性的性質は温度によって変化するので解析時には注意が必要である。変化の近似式は

E
=
E
0

B
T
exp

(

T
c
T
)
E=E_{0}-BT\exp \left(-{\frac {T_{c}}{T}}\right)
ここで E0 は0[K]でのヤング率、B, Tc は材料によって異なる定数である。一例として、1000℃における鋼のヤング率は常温の2/3程度に減少する。

樹脂のように応力-ひずみ曲線にリニアの領域がほとんど存在しない材料では、ヤング率としてセカント係数(応力-ひずみ曲線上の点と原点を結ぶ直線の傾き)などを用いる。

等方均質弾性体では、ヤング率 E、ポアソン比 ν、剛性率 G の間に次の関係がある[3]。

E
=
2
G
(
1
+
ν
)
E=2G(1+\nu )
同様にヤング率、ポアソン比、体積弾性率、剛性率、ラメの第一定数の五つの弾性率はそれぞれ、二つを用いて残りの三つを表すことができる。

^ a b 「機械工学辞典」p.804
^ a b c d e f g h “The Engineering ToolBox - Modulus of Elasticity - Young Modulus for some common Materials”. 2014年1月2日閲覧。
^ a b c d e 国立天文台 『理科年表 平成22年(机上版)』 丸善出版、2009年、379頁。ISBN 978-4-621-08191-4。
^ a b c d 高野菊雄 『トラブルを防ぐプラスチック材料の選び方・使い方』 工業調査会、2005年6月15日、第1版、61頁。ISBN 4-7693-4190-3。
^ a b c d e 「機械材料学」p.154
^ a b c d e f g 「物理学」p.89
^ a b c 「機械材料学」p.195

主な物質のヤング率
材料 ヤング率(E)
単位:GPa 出典
ゴム (小ひずみ) 0.01〜0.1 [2]
PTFE (テフロン) 0.5 [2]
ポリエチレン 0.4〜0.13 [3]
ポリプロピレン 1.5〜2 [2]
ポリアセタールコポリマー 2.75 [4]
ポリスチレン 3〜3.5 [2]
ポリカーボネート 2.3 [4]
ナイロン 1.2〜2.9 [3]
チーク 木材 13 [3]
高強度コンクリート (圧縮時) 30 [2]
マグネシウム合金 45 [5]
アルミニウム 70.3 [6]
アルミ合金 69〜76 [5]
ガラス 80.1 [6]
黄銅 103 [4]
チタン 107 [5]
銅 129.8 [6]
鋳鉄 152.3 [6]
鋼 201〜216 [6]
鉛 16.1 [6]
金 78 [6]
銀 82.7 [3]
亜鉛 48 [4]
ベリリウム 287 [2]
タングステン 345 [5]
モリブデン 324 [5]
炭化ケイ素 〜600 [7]
ジルコニア 〜250 [7]
酸化アルミニウム(アルミナ) 〜400 [7]
オスミウム 550 [2]
炭化タングステン 450〜650 [2]