読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DRM

各種のDRM技術は特定のソフトウェアに依存し互換性が無いことから、消費者は特定のソフトウェアを選択せざるを得なくなる。また再生や閲覧のためのソフトウェアを利用できる環境についても同様の制限があり、例えばiTunesWindows Media PlayerDRM技術を使用するコンテンツが、OSとしてLinux等を用いるコンピュータ上で再生できないといった問題が生じる。更にDRM技術そのものが全く別のタイプに変更され、再生や閲覧のためのソフトウェアやそれを利用できる環境も変わってしまうことがある。こうした制限からDRMに対しては消費者の敬遠がみられ、DRM技術を使用せずにコンテンツの利用について広い選択肢を与えることで、消費者を取り込もうとする企業も現れている[7][8]。

時代の流れに反した規制は必ず将来破綻します。一部の富裕層だけがさらに富裕層になり、貧困層貧困層のままでいろなどという規制はあってはならない。