読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Theme of es

ミラーニューロン(英: Mirror neuron)とは、霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動する時と、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞である。他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように"鏡"のような反応をすることから名付けられた。他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。このようなニューロンは、マカクザルで直接観察され、ヒトやいくつかの鳥類においてその存在が信じられている。ヒトにおいては、前運動野と下頭頂葉においてミラーニューロンと一致した脳の活動が観測されている。

ミラーニューロンは、神経科学における20世紀末から21世紀初頭にかけての10年においては非常に重要な発見の1つであると考える研究者も存在する。その中でも、ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドラン[1]は模倣が言語獲得において重要な役割を持つと考えている。しかし、その分野での認知度にも拘わらず、ミラーニューロンの活動が模倣などの認知活動において、どのような役割を果たすのかという疑問に答える神経モデルや計算モデルは、2008年現在においては存在しない[2]。

加えて、1つの神経細胞がある現象を引き起こすとは一般的には考えられていない。むしろ、神経細胞のネットワーク(神経細胞群(neuronal assembly))全体が、ある活動を行う際に活性化していると考えられている。

ミラーニューロンの機能については多くの説がある。このようなニューロンは、他人の行動を理解したり、模倣によって新たな技能を修得する際に重要であるといえるかもしれない。この鏡のようなシステムによって観察した行動をシミュレートすることが、私たちの持つ心の理論の能力に寄与していると考える研究者も存在する[3][4]。また、ミラーニューロンが言語能力と関連しているとする研究者も存在する[5]。さらに、ミラーニューロンの障害が、特に自閉症などの認知障害を引き起こすという研究も存在する[6][7]。しかし、ミラーニューロンの障害と自閉症との関係は憶測の域を出ておらず、ミラーニューロン自閉症の持つ重要な特徴の多くと関連しているとは考えにくい[2]

どんなミラーを起こすかはその人の経験や文化によっても違うでしょう。迷信を取り除き、無意識を意識に落としめ、言語化するのが科学でしょう。ちなみに僕はあまり金を使うのが好きじゃないです。ケチじゃなくて倹約家と呼んでほしい。高級な飯が美味いとは限らないし、腹が猛烈に減ってたらなんでも食うでしょう。大体金が存在する自体、必ずそこに格差が生まれる。それが嫌。

僕の心の奥深く
深海で君の影揺れる
あどけなかった日の僕は
夢中で君を追いかけて 追いかけてたっけ

シーラカンス
これから君は何処へ進化むんだい
Oh シーラカンス
これから君は何処へ向かうんだい

失くす物など何もない
とは言え我が身は可愛くて
空虚な樹海を彷徨うから
今じゃ死にゆくことにさえ憧れるのさ

シーラカンス
これから君は何処へ進化むんだい
Oh シーラカンス
これから君は何処へ向かうんだい
Oh シーラカンス
これから君は何処へ進化むんだい
Oh… Oh

連れてってくれないか
連れ戻してくれないか
僕を 僕も

連れてってくれないか
連れ戻してくれないか
僕を 僕も 僕も

Oh…
連れてって 連れ戻して
僕を 僕も

連れてってくれないか
連れ戻してくれないか
僕を 僕も 僕も Oh…

そう、寝静まった都会で
僕らはふんだんに忌み嫌い合う
その結果の一つが
こうして書き込む日々の現実
理想論がたちまち人類最後の日みたいにされる
僕はどうか知らんが胸糞悪いのだけは感じるよ

今日も何千万の誰が一斉に覗き込む別の世界で
いつも怯えてる彼も両手駆使して文字を踊らせる

揺れる画面に
触れるあんた
上がる体温に夢心地
スレッドダンス踊らないか?

声が声が
枯れたような錯覚をする
夢を夢を
流したような懐かしくなるリズム

ドラマの再放送を
見逃した週の最後
生活が妙に変で
誰かを傷付けたくて
何かで遊ばれたくて
どうでもよくなってきて
何か嫌になったんだ

そう、寝静まった我が家で
僕らは一向に明かりを付けず
でも反抗的に画面だけが輝くように僕を映す

揺れる画面に
触れるあんた
上がる体温に夢心地
スレッドダンス踊らないか?

声が声が
枯れたような錯覚をする
夢を夢を
流したような懐かしくなるリズム

明かりを付けて一緒に踊ろうよ

触れたいよ体温に
愛されかった
冷たい部屋を暖かくしてね
触れたいよ体温に
愛されたかった
冷たい部屋を暖かくして待っててよ